FANDOM


らんま1/2
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PCエンジンCD-ROM²
開発元 日本コンピュータシステム
発売元 日本コンピュータシステム
人数 1人~2人
メディア CD-ROM
発売日 1990年12月7日
価格 6,800円
  

らんま1/2』(らんまにぶんのいち)1990年12月7日日本コンピュータシステム(メサイヤ)から発売されたPCエンジンCD-ROM2用の横スクロールアクションゲーム

概要 編集

全8話構成で1話から7話までは原作をベースにしたステージになっており、8話のみオリジナルストーリーになっている。

プレイヤーは乱馬を操作するが、アイテムでステージ途中で男または女にチェンジできる。ステージやアイテムによる回数制限はあるものの、これにより各ステージをクリアした時に男か女かでビジュアルシーンが変更されたり、ボスと戦わずに済むといった事が起こる。

各ステージごとに各キャラクターの顔・胴・足の3パーツからなる「KAOPASS」が設定されており、ゲームオーバー時にパスワードとして表示される。これを入力することで前回の続きが出来る。

また「熱湯MODE」を選べば、キャラクターによる対戦ゲームも出来る。

プロローグ 編集

中国に修行の旅に出ていた早乙女玄馬が息子の乱馬を連れて、親友・天道早雲の元へ帰ってくる。玄馬と早雲はお互いの息子と娘を結婚させる約束をしていたのだった。しかし、早雲と3人の娘、かすみ、なびき、あかねの前へ現れたのはパンダと女の子であった。

ステージ 編集

  • PART1 「らんまの秘密」
    • 原作第1巻、乱馬と玄馬が呪泉郷のもとで戦うシーンがモチーフになっている。
  • PART2 「2年E組 九能帯刀」
    • 原作第1巻、乱馬とあかねが、あかねに交際を申し込む生徒をけちらした後、九能と戦う話がモチーフ。
  • PART3 「乱馬を追ってきた男」
    • 原作第2巻、良牙が初登場し、乱馬と良牙の一騎打ちの話がモチーフ。
  • PART4 「女傑族の掟」
    • 原作第4巻、乱馬が女傑族の村でシャンプーを倒してしまう話がモチーフ。
  • PART5 「格闘 出前レース」
    • 原作第7巻、出前レースに出る羽目になった乱馬。ゴールの久能家へと向かう。アニメではオリジナル要素の強い話に変更されたが、ゲームでは原作基準になっている。
  • PART6 「恐怖 看板男」
    • 原作第8巻、あかねが道場破りと対戦、ピンチに乱馬が駆けつける話がモチーフ。
  • PART7 「爆砕勝負」
    • 原作第6巻、良牙がコロンから爆砕点穴を覚え乱馬と勝負をする話がモチーフ。
  • PART8 「猫飯店への招待」
    • 原作にないゲームオリジナル。あかねがシャンプーの父にさらわれた事を知り、乱馬は猫飯店へ救出へ向かおうとするが、そこへ良牙も現れ勝負する事になるのだが・・・。

登場人物 編集

括弧内は声優である。

ゲームオリジナルキャラクター

主題歌 編集

オープニングテーマ
じゃじゃ馬にさせないで
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 椎名和夫 / 歌 - 西尾えつ子
エンディングテーマ
乱馬ダ☆RANMA[2]
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作曲 - 川井憲次 / 編曲 - 川井憲次 / 歌 - 乱馬的歌劇団御一行様

その他 編集

  • 裏技で「福嶋の窓」というボツカットを見ることが出来る。その中には九能小太刀、三千院帝や白鳥あずさの話の予定があった事が伺える。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 中ボスとして登場するが、声はあてられていない
  2. 歌の途中に九能帯刀が乱入してきて、PCエンジンを木刀で破壊しようとし、曲が止まり画面がおかしくなる演出がとられている。この久能の演出は続編でも受け継がれている。
テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki