FANDOM


らんま1/2 とらわれの花嫁
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PCエンジン
開発元 テンキー
発売元 日本コンピュータシステム
人数 1人
メディア CD-ROM2
発売日 1991年12月6日
価格 6,800円
  

らんま1/2 とらわれの花嫁』(らんまにぶんのいち とらわれのはなよめ)は日本コンピュータシステム(メサイヤ)から発売されたPCエンジンCD-ROM2用のアドベンチャーゲームデジタルコミック)。1991年12月6日に発売された。

これより前に日本コンピュータシステムは、らんま1/2のアクションゲームを制作・発売していたが、本作はテンキーによって制作されている。

概要 編集

原作『らんま1/2』にない完全オリジナルストーリーで展開されるデジタルコミック式アドベンチャーである。原作では登場しなかったキャラクターも登場する。

ゲームオリジナルキャラクターのデザインは制作会社であるテンキーの成田伸子が担当している。

ゲーム中は全てアイコンを選択して進めていく。ゲームは3章に分かれており、乱馬(らんま)とあかねを視点にしてプレイしていく。

ストーリー 編集

秋も終わりごろ、校長が特別朝礼を行った。その内容は中国行きの研修旅行を用意するというものだった。喜ぶ乱馬であったが中国行きのチケットはわずか2枚のみで、しかもチケットの獲得条件が「期末試験にトップの成績の男女のみ」という乱馬には厳しいものであった。

何としてもチケット獲得を目指す乱馬であったが、その行き先には恐ろしい罠が仕掛けられていた。 テンプレート:ネタバレ

登場人物 編集

ゲームオリジナルキャラクター

括弧内は声優である。

かつてチベット高原を支配していた伝説の一族、凶暴なバイション族の末裔。バイション族は雪と氷に閉ざされた山の上を住処とする。日本に生き延びていた。
三白帝の部下。コロンに知られている程、顔が広い。
三白帝が八宝斎の為に用意したコンパニオン。

主題歌 編集

オープニングテーマ
じゃじゃ馬にさせないで
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 椎名和夫 / 歌 - 西尾えつ子
エンディングテーマ
地球のハテ・恋のハテ?
作詞 - 大山潤子/ 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 川井憲次 / 歌 - YAWMIN

その他 編集

  • マニュアル表紙に、らんまが持っている花は「愛氷花(アイビンホア)」で三白帝が花嫁に与えるものであり、花から湧き出づる雫を飲めば一度だけ望むままに姿を変えられるという伝説の薬草である。
ゲーム中はこの花の存在が騒動の一端となる。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. ゲーム中には登場しておらず、ソフトをCD再生する際の注意を、九能小太刀と一緒にアナウンスする1トラック目のみに登場している。エンディングのスタッフロールにも「陰の出演者」となっている。
テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki