FANDOM


テンプレート:記事名の制約

らんま1/2
ジャンル 格闘ラブコメ
漫画
作者 高橋留美子
出版社 小学館
レーベル 少年サンデーコミックス
発表号 1987年36号 - 1996年12号
巻数 全38巻
アニメ:らんま1/2
原作 高橋留美子
監督 芝山努
シリーズディレクター 望月智充
シリーズ構成 浦沢義雄井上敏樹
音楽 森英治
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 多賀英典
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1989年4月15日 - 1989年9月16日
話数 全18話
アニメ:らんま1/2 熱闘編
原作 高橋留美子
監督 澤井幸次西村純二
シリーズディレクター 望月智充
シリーズ構成 戸田博史→柳川茂
キャラクターデザイン 中嶋敦子
音楽 森英治川井憲次、松浦晃久
アニメーション制作 フジテレビキティ・フィルム
製作 多賀英典→伊地智啓
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1989年10月20日 - 1992年9月25日
話数 全143話
テンプレート使用方法 ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

テンプレート:漫画らんま1/2』(らんまにぶんのいち / ラテン文字表記: Ranma 1/2)は、高橋留美子による漫画作品。および、それを原作とするテレビアニメ作品。略称は「らんま」。1987年36号から1996年12号まで小学館週刊少年サンデー」に連載され、単行本は全38巻刊行。2002年から2003年にかけて新装版が出版された。

水をかぶると女になってしまう高校生格闘家・早乙女乱馬と、その許婚・天道あかねの交流を軸に、家族・友人を巻き込んだドタバタ[1]の日常を描いた格闘ラブコメ作品。

概要 編集

1980年代週刊少年サンデーを『うる星やつら』のヒットで牽引した高橋留美子の次作。小学館の期待に応えた大ヒット作となり、国内の単行本コミックス発行部数は約5300万部[2]で、高橋留美子作品ではベストセラーである。

読みきりが中心だった前作とは違い、基本的には中長編が中心だが、読み切りの話もある。本作はまでの高橋留美子作品と大きく異なり格闘シーンが豊富で、バラエティに富んだ展開が多く、読者を飽きさせない工夫がされている。特にキャラクターが敵対する相手の技の原理や正体、もしくはその話のキーアイテムの本質を見抜くといった謎解き要素や、場合によってはその克服方法を見出すまでの過程で楽しませようとする新しい試みが特徴的である。こうした展開によりただ戦っているだけの格闘漫画とは一線を画すことに成功し、同様の手法は『犬夜叉』にも引き継がれている。またシリアス一辺倒ではなく、あくまでもギャグ漫画として高橋留美子ならではの特色を出しており、高橋曰く「笑える格闘漫画が基本」とのこと。なお、初期はギャグ色が強かったが、後期には中国から来た敵キャラクターを相手に戦う際はシリアスな展開が多くなっている。また、高橋留美子作品としては珍しく主人公、ヒロインなどの親の名前(早乙女玄馬天道早雲など)が明らかにされている。

1989年にはフジテレビでテレビアニメ化された。在京5局では再放送されていないが、ケーブルテレビスカパー!等のキッズステーションで繰り返し再放送されている。

CDOVA、アニメ映画、ゲームなども多数制作されている。

また本作は声優がキャラクター名義で多数の楽曲をリリースした。こうしたキャラクターソングのリリース現在では珍しくないが、当時としては画期的であった。1990年に発売されたキャラクターソングアルバム『らんま1/2熱闘歌合戦』は大ヒットし、第5回日本ゴールドディスク大賞アルバム賞アニメ部門を受賞した。本作以前にも『めぞん一刻』の音無響子など、声優がキャラクター名義でレコード・CDを発売した例はあったものの、『らんま』では主人公だけでなくサブキャラクターも単独で大量にキャラクターソングを発表した。

日本国内だけでなく、アメリカ、アジア、ヨーロッパなど世界中にファンが存在する。これは1990年代からアニメが輸出され各国のテレビで放送された影響も大きい。2001年に公開された映画『冷静と情熱のあいだ』では、イタリア国内でのシーンにおいてイタリア語版のアニメがテレビに映っているシーンがあり、エンドクレジットにも記載されている。単行本は2017年現在、少なくとも22カ国・地域で19言語版が出版されており、代表作として高橋の作品では最も多く翻訳されている。また、ノルウェー語訳・ロシア語訳された初の日本漫画でもある(タイトルはそれぞれ”Ranma1/2”、"Ранма1/2")。

連載終了した1996年に小学館で『少年サンデーグラフィック らんま1/2メモリアル・ブック』が刊行された。

なおエキサイト翻訳([1])において、「英→日」の状態で'Ranma'と入力して翻訳すると、'らんま1/2'となる。

Bing翻訳([2])でRanma→らんま。Akane→茜。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

早乙女乱馬は、幼少の頃より無差別格闘流の修行に励む高校生である。ある時、父・玄馬と共に悲劇的伝説が伝わる泉が多く湧く中国の修行場:呪泉郷で稽古中に、父の玄馬は熊猫溺泉(パンダが溺れた泉)に落ちてしまい、乱馬は娘溺泉(若い娘が溺れた泉)に落ち、それぞれ水をかぶるとパンダと女の子になる変身体質になってしまった(お湯をかけると元の姿に戻れる)。

中国での修行を終え日本に帰国した後(東京都練馬区)、乱馬は玄馬から、玄馬の友人である天道早雲の娘と自分が許嫁であると聞かされる。嫌がる乱馬を無理矢理天道家へ連れて行った玄馬だが、二人はパンダと女の子の姿のままだったため、娘を乱馬と結婚させて乱馬に自身が経営する道場を継いでもらうことを夢見ていた早雲は、乱馬を女の子だと思い込んでショックを受ける。

一方、父と同様に乱馬を女の子だと思い道場に誘ったあかねは、乱馬と手合わせをし仲良くなった。その日の夜、天道家の長女かすみから風呂を勧められた乱馬はしぶしぶ入浴する。湯に浸かると変身が解けてしまうため、男に戻って風呂から出るか女のまま出るか悩んだ末に、男に戻ることを決意し風呂から出ようとした乱馬だったが、あろうことかそこで風呂に入ってきたあかねとお互い裸のまま出くわしてしまう。

事情を知った早雲は乱馬が男であったことを喜び、かすみと次女なびき、あかねの中から好きな娘を選ぶようにと薦めるが、かすみとなびきはあかねが適任だと勝手に決めつけ、乱馬の許婚はあっさりとあかねに決まってしまう。だがあかねは風呂での一件で乱馬を変態呼ばわりして激しく拒否し、一方の乱馬も理不尽に変態と言われたことに対して怒り、二人は互いに対立する。かくして早乙女親子はしばらく天道家に居候することになり、乱馬はあかねと同じ高校に通うこととなる。こうして、恋や格闘、そして乱馬の変身体質による周囲の混乱で騒々しい日常生活が始まるのであった。

物語は主人公の乱馬を中心に、許婚のあかねや天道家の住人、乱馬のライバルたちを巻き込んでの格闘物からコメディー、学園、季節のイベントごとが中心となる。基本的には格闘物とそうではない話が交互に展開され、物語のコンセプトでもある呪泉郷絡みの長編がそれに交わる形となる。

登場人物 編集

上記以外の登場人物はらんま1/2の登場人物を参照

呪泉郷 編集

呪泉郷(チョウチュアンシアン、じゅせんきょう)とは、中国にある伝説の修行場。100以上の沢山の泉があり、いくつかの泉には長い竹が立ててある。1つ1つの泉には呪いがあり、泉で溺れると、最初にその泉で溺れた者の姿となる。それ以降、水に濡れると変身し、湯をかぶると元に戻る体質となる。この作品の根幹となる設定の一つであり、主要登場人物の何人かは呪泉郷の泉で溺れ、呪いにかかっている。

詳細は呪泉郷を参照

テレビアニメ 編集

概要 編集

高橋留美子原作の『うる星やつら』後半、『めぞん一刻』をテレビアニメ化したキティ・フィルムスタジオディーンにより制作された。期待は大きかったものの、1989年4月から毎週土曜日の夜7時30分から始まった放送は半年で打ち切られ[3]、毎週金曜日の夕方5時30分に新シリーズ『らんま1/2 熱闘編』(以下熱闘編)として継続することとなった。

『らんま1/2』で、監督とクレジットされた芝山努は多忙のため参加出来ずにそのまま降板となり、シリーズディレクターの望月智充が実質的に現場の監督を任せられた。平日夕方枠への移動と共に制作費が削られ、作画の海外丸投げ等により一部影の描かれていない絵になるなど質の低下が見られたが、原作人気が継続したこと、中嶋敦子のキャラクターデザインが一定の評価を得たこと、声優ブームに乗る形で企画CDがヒットしたことなどにも支えられ、熱闘編は放送期間3年にわたる人気シリーズとなった。

話数を稼げるため、再放送の頻度が全国的に高い。特にCS(キッズステーション)ではほぼ毎日放映されている。枠の関係で、多いときは1日5〜6回も同じ内容で放映されていた時期もあった。しかし、関東地方では独立UHF局を除きいまだに再放送がされたことがない。

熱闘編の製作は途中で多賀英典から伊地智啓に変わっているが、これは多賀が個人的な問題で経営から引退したことによる。同時期にやはりキティ・フィルム製作だった『YAWARA!』でも同様に製作が変わっている。

『らんま1/2』のBGMは中華風の曲があり、現在のバラエティ番組でも中国関連になると『らんま1/2』のBGMが流れる事がある。天雀のチャイナビHYPERでは「ド・ン・マ・イ来々少年〜Don't mind lay-lay-Boy〜」が番組初頭で流れている。

原作との相違点 編集

大きく異なる点を列挙する。ほとんどはテレビ放送で子供が見る点を考慮した措置。

  • アニメ版(特に熱闘編以降)では脱衣シーン等、一部のお色気シーンのカットや修正がされている。もっとも、アニメオリジナルのお色気シーンも少なくない。また、女らんまのお色気シーンはそのままのことが多い。
  • アニメではシャンプーの「殺す」「亡き者に」等の表現が何度かカットされた。熱闘編以降は、シャンプーがあかねと仲良く会話する珍しいシーンもあった。原作でも中盤からはあかねとも普通に会話しており、特に終盤はシャンプーの過失であかねのリュックが汚れた際にはわざわざ洗濯して返すなどアニメ同様にあかねへの敵意は殆ど見られない。
  • 右京のお好み焼きを使った攻撃など、原作で食べ物を武器にするシーンは食器や調理器具に変更されている事が多い。
  • 原作にはあかねが人質となったり、闘いで苦境に陥ったあかねを乱馬が助ける話がいくつかあるが、アニメでは人質とならなかったり、あかねと乱馬が合体技で倒すなどの変更があった。
  • うる星やつらと同様、原作を元にしつつ、背景となる季節が著しく異なるために、場面設定やストーリー展開が不自然な話が複数存在する[4]
  • 乱馬が女に変身する体質だという事は、原作では九能帯刀以外の学校の人々に早い頃からばれていたが、アニメでは最終回近くになるまで知られることはなかった。そのためアニメでは、原作にあった乱馬の友人の台詞が削られたり、場面が無くなっていたりと変更点が多数ある[5]
  • 五寸釘光の登場する時期が、アニメと原作とで異なる。原作では初期の頃で、アニメでは熱闘編後期の頃だった。そのためアニメでは、出る前の原作にあった彼の役どころを佐助に取り替え、ストーリーも改変させて放送した。これはアニメのスタッフが当初五寸釘を登場させるつもりがなかったため、という説もある。
  • あかねの母(すなわち早雲の妻)が他界しているという設定が使われた時期が原作とアニメで大きく異なる。アニメ版では初期の許婚騒動で離婚ではなく死別だったことをうかがわせるかすみのセリフがあるが、原作では早乙女のどか初登場のエピソードにおいてようやく語られている。


逸話 編集

熱闘編は放映開始当初オープニングテーマがなくオープニングナレーションのみであったが、このナレーションはドラマ「奥さまは魔女」のオープニングのパロディになっており、ナレーターも同作品のオープニングナレーションを担当している中村正である。また、タイトルはお湯をかけると元に戻ることから「熱湯」⇒「熱闘」に引っ掛けたもの、と言われている。

当初予定されていた「格闘フィギュアスケート」編が打ち切りのため放送されなかったため(後に熱闘編で放送)、熱闘編初期のエピソードで放送されていない「格闘フィギュアスケート」のシーンが「回想」として挟まれ、つじつまが合わなくなった。

原作の終了に伴い、キッズステーションで、らんまのスペシャルが組まれた際に山口&日高の両キャストが解説者として出演し、「完結篇を作って欲しい」と漏らしていたこともあるが、実現されていない。

製作元のキティ・フィルムは前述の多賀引退前後にプロデューサーの松下洋子や中川順平が別社へ移籍し、アニメ部門の総責任者だった落合茂一も独立するなど有力スタッフが退社したことも大きく影響して、1990年代末期にはアニメ製作から撤退したこと、九能役の鈴置洋孝と校長役の仁内建之が逝去したこと、さらに落合も1999年に死去したことなどにもより、完結篇の実現は難しいものと思われる。なお、高橋留美子展において13年ぶりに製作された続編は『犬夜叉』の製作を担当していたサンライズが製作している。

キティ・フィルム#沿革」を参照

出演声優について 編集

本作で事実上初レギュラーにして初主役に大抜擢された山口勝平や、徐々に人気声優への足場を固めつつあった林原めぐみは出演をきっかけに不動の人気声優の道を進むこととなった。

配役の決定権を持つ録音監督は『うる星やつら』『めぞん一刻』に引き続いてオムニバスプロモーション斯波重治が務めたが、中堅やベテランが多かった前作、前々作とは異なり、本作では当時20代の無名の若手を多数起用したことで話題となった。当時若手で既に売れっ子だったのは日高のり子だけであった。デビュー作の『めぞん一刻』から番組レギュラーとして斯波に育て上げられていたことが知られている林原めぐみをはじめ、山寺宏一関俊彦高山みなみ井上喜久子、脇役を見ても辻谷耕史子安武人古本新之輔、更に平松晶子石田彰真殿光昭なども出演しており、斯波に評価されて本作に出演した若手が後に人気声優となった例は数知れない。

らんま1/2(第1期) 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ
じゃじゃ馬にさせないで
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 椎名和夫 / 歌 - 西尾えつ子
エンディングテーマ
プラトニックつらぬいて」(1 - 13話)
作詞 - 松本隆 / 作曲・編曲 - 後藤次利 / 歌 - 坂上香織
EQUALロマンス」(14 - 18話)
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 山口美央子 / 編曲 - 中村哲 / 歌 - CoCo

サブタイトル 編集

放送日 話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 原作
1989年4月15日 第1話 中国からきたあいつ!ちょっとヘン!! 浦沢義雄 望月智充 中嶋敦子 1巻1-2
1989年4月22日 第2話 遊びじゃないのよ学校は もりたけし 後藤真砂子 1巻3-7
1989年4月29日 第3話 いきなり愛の嵐ちょっと待ってョ 橋本裕志 山内重保 遠藤麻未
1989年5月6日 第4話 乱馬とらんま?誤解がとまらない 望月智充 中嶋敦子
1989年5月13日 第5話 骨まで愛して?あかね恋の複雑骨折 浦沢義雄 小島多美子 古橋一浩 後藤真砂子 1巻7-2巻1
1989年5月20日 第6話 あかねの失恋だってしょうがないじゃない 橋本裕志 望月智充 高木真司 遠藤麻未
1989年5月27日 第7話 登場!永遠の迷い子・良牙 浦沢義雄 もりたけし 中嶋敦子 2巻2-7
1989年6月3日 第8話 学校は戦場だ!対決 乱馬VS良牙 井上敏樹 古橋一浩 後藤真砂子
1989年6月17日 第9話 乙女白書・髪は女のいのちなの 高木真司 遠藤麻未
1989年7月1日 第10話 ピーピーPちゃん ろくなもんじゃねェ 菅良幸 もりたけし 中嶋敦子 2巻8
TVオリジナル
1989年7月15日 第11話 乱馬を激愛!新体操のスケバン登場 川崎裕之 古橋一浩 後藤真砂子 2巻9-3巻5
1989年7月22日 第12話 女の恋は戦争よ!格闘新体操でいざ勝負 隅沢克之 有迫曜 高木真司 遠藤麻未
1989年7月29日 第13話 スケバンの目に涙?ルール無用の格闘新体操決着 高屋敷英夫 望月智充 中嶋敦子
1989年8月19日 第14話 骨盤占い!らんまは日本一のお嫁さん 川崎裕之 芝山努 もりたけし 後藤真砂子 TVオリジナル
1989年8月26日 第15話 激烈少女シャンプー登場!ワタシ命あずけます 隅沢克之 もりたけし 遠藤麻未 4巻5-10
1989年9月2日 第16話 シャンプーの反撃!必殺指圧拳は身も心も奪う 古橋一浩 中嶋敦子
1989年9月9日 第17話 乱馬大好き!さよならはいわないで!! 松井亜弥 高木真司 後藤真砂子
1989年9月16日 第18話 オレは男だ!らんま中国へ帰る? 野本拓 古橋一浩 中嶋敦子 TVオリジナル

らんま1/2 熱闘編 編集

  • 放送局 - フジテレビ系列
  • 制作会社 - キティ・フィルム
  • 放映期間 - 1989年10月20日 - 1992年9月25日 (毎週金曜夕方5:30放送 但し、ローカルセールス扱いのため、フジテレビ(キー局)以外では曜日・時間帯が異なる他、フルネット局でもテレビ熊本テレビ新広島(※)などネットしなかった局もある。ただし、テレビ静岡ではキー局同時ネットで放送していた)全143話
    • 例:岡山放送毎週金曜夕方5:25放送。(キー局から1週遅れ)
    • 例:東海テレビ放送毎週日曜朝9:00放送、関西テレビ放送毎週金曜夕方放送(←時期により微妙に時間変動があり)。
    • (※)ただしテレビ新広島でも1991年より帯再放送枠で時差放送を開始している。なお後年、広島ホームテレビテレビ朝日系)で再放送が行われた際、第1シリーズに引き続いて本シリーズが放送された(いずれも新聞では『熱闘編』の文字はなかった)。
  • 平均視聴率:9.5%、最高視聴率:15.5%、最低視聴率:4.5%

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ
リトル★デイト」(7 - 13話)
作詞 - 三浦徳子 / 作曲・編曲 - 後藤次利 / 歌 - ribbon
思い出がいっぱい」(24 - 45話)
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 岩田雅之 / 編曲 - 有賀啓雄 / 歌 - CoCo
絶対!Part2」(46 - 69話)
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 松本俊明 / 編曲 - 鷺巣詩郎 / 歌 - 早坂好恵
地球オーケストラ」(70 - 99話)
作詞 - 次郎 / 作曲 - まこと / 編曲・歌 - KUSU KUSU
もう泣かないで」(100 - 117話)
作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 羽田一郎 / 編曲 - 佐藤準 / 歌 - 瀬能あづさ
ラヴ・シーカー CAN'T STOP IT」(118 - 143話)
作詞 - MITSUKO KOMURO / 作曲 - MIYABI、YUKI、TERU、TAKE / 編曲・歌 - VisioN
エンディングテーマ
ド・ン・マ・イ来々少年〜Don't mind lay-lay-Boy〜」(1 - 23話)
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 吉実明宏 / 編曲 - 森英治 / 歌 - 西尾えつ子
乱馬ダ☆RANMA」(24 - 38話)
構成 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作曲・編曲 - 川井憲次 / 歌 - 乱馬的歌劇団御一行様
プレゼント」(39 - 54話)
作詞 - 笹野みちる / 作曲 - 手代木克仁 / 編曲・歌 - 東京少年
フレンズ」(55 - 69話)
作詞 - 大山潤子 / 作曲 - 南俊一 / 編曲 - 森英治 / 歌 - YAWMIN
ひなげし」(70 - 99話)
作詞・作曲 - 遠藤京子 / 編曲 - 武部聡志 / 歌 - 中嶋美智代
POSITIVE」(100 - 117話)
作詞 - 佐藤純子 / 作曲 - 西司 / 編曲 - 中村哲 / 歌 - 森川美穂
虹と太陽の丘」(118 - 143話)
作詞・作曲 - 上村茂三 / 編曲・歌 - ぴよぴよ
オープニングナレーション
「乱馬くんは変態」(1 - 23話)
「乱馬くん出番ですよ」(24 - 45話)

サブタイトル 編集

放送日 話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 原作
1989年10月20日 第1話 激突!出前格闘レース 井上敏樹 澤井幸次 古橋一浩 中嶋敦子 TVオリジナル
7巻1-4?
1989年11月3日 第2話 やっぱり猫が嫌い? 戸田博史 小島多美子 中村憲由 遠藤麻未 5巻1-4
1989年11月10日 第3話 私が女傑族のおばば! 高木真司 中嶋敦子 5巻5-6
1989年11月17日 第4話 出た!必殺天津甘栗拳!! 菅良幸 古橋一浩 工藤柾輝 5巻10-11
1989年11月24日 第5話 白鳥拳の男ムース登場! 時村尚 小島多美子 小林孝志 遠藤麻未 5巻7-9
1989年12月1日 第6話 爆走!雪だるま運びレース 久島一仁 澤井幸次 中村憲由 中嶋敦子 6巻1-3
1989年12月8日 第7話 さらわれたPちゃん! (※) 井上敏樹 古橋一浩 遠藤麻未 3巻6-4巻4
1989年12月15日 第8話 危機一髪!死霊の盆踊り (※) 松井亜弥 高木真司 中嶋敦子
1989年12月22日 第9話 Pちゃん爆発!愛の水柱 (※) 川崎裕之 望月智充 後藤真砂子
1990年1月12日 第10話 乱馬恐怖の山ごもり 菅良幸 高木真司 工藤柾輝 6巻4-8
1990年1月19日 第11話 爆砕点穴とは?良牙大逆襲 古橋一浩 遠藤麻未
1990年1月26日 第12話 危うし!天道道場 時村尚 茂木智里 中嶋敦子 8巻1-4
1990年2月2日 第13話 さらわれたあかね! 中弘子 石田昌久 小林孝志 工藤柾輝 10巻4-8
1990年2月9日 第14話 対決ムース!負けるが勝ち 戸田博史 中村憲由 遠藤麻未
1990年2月16日 第15話 究極のエロ妖怪八宝斉 菅良幸 小島多美子 高木真司 中嶋敦子 7巻5-6
1990年2月23日 第16話 女子更衣室を襲え? 戸田博史 古橋一浩 工藤柾輝 8巻9-11
1990年3月2日 第17話 鬼も逃げだすカラクリ屋敷 久島一仁 澤井幸次 茂木智里 遠藤麻未 TVオリジナル
1990年3月9日 第18話 これで女とおさらば? 戸田博史 小島多美子 小林孝志 中嶋敦子
1990年3月16日 第19話 愛と憎しみの贈物 中弘子 古橋一浩 中村憲由 工藤柾輝 9巻1-4
1990年3月23日 第20話 SOSエロ妖怪八宝斉 菅良幸 澤井幸次 高木真司 遠藤麻未 7巻9-11
1990年4月6日 第21話 あかねの口びるを奪え 戸田博史 石田昌久 小林孝志 中嶋敦子 8巻5-8
1990年4月13日 第22話 いい湯だな?銭湯で戦闘 中弘子 古橋一浩 数井浩子 7巻7
1990年4月20日 第23話 また一人乱馬を愛したヤツ 菅良幸 御茶屋さえ子 遠藤麻未 9巻5-7
1990年4月27日 第24話 熱愛?良牙とあかね 高木真司 中嶋敦子 9巻8-11
1990年5月4日 第25話 くしゃみ一発愛してナイト 横手美智子 小島多美子 中村憲由 数井浩子 11巻7-8話
1990年5月11日 第26話 幻の八宝大華輪を探せ 菅良幸 澤井幸次 小林孝志 遠藤麻未 11巻4-6話
1990年5月18日 第27話 大好き!私のうっちゃん 中弘子 古橋一浩 中嶋敦子 10巻9-11
1990年5月25日 第28話 魔女が愛した下着ドロボー 柳川茂 高木真司 数井浩子 TVオリジナル
1990年6月1日 第29話 変身!ムキムキマンあかね 中弘子 小島多美子 中村憲由 遠藤麻未 11巻9-11
1990年6月8日 第30話 呪泉郷から来た殺し屋 柳川茂 石山タカ明 小林孝志 中嶋敦子 TVオリジナル
1990年6月15日 第31話 私ってきれい?乱馬女宣言 横手美智子 古橋一浩 数井浩子
1990年6月22日 第32話 対決!八宝斉VS透明人間 菅良幸 澤井幸次 高木真司 遠藤麻未
1990年6月29日 第33話 九能家のレ・ミゼラブル 中弘子 西村純二 中村憲由 中嶋敦子
1990年7月6日 第34話 怪談!乱馬と魔性の剣 柳川茂 遠藤徹哉 小林孝志 杉山東夜美
1990年7月13日 第35話 一粒コロリ・絶倫ホレ薬 久島一仁 御茶屋さえ子 古橋一浩 遠藤麻未 10巻1-3
1990年7月20日 第36話 史上最強?良牙とムース同盟 菅良幸 杉島邦久 中村憲由 中嶋敦子 TVオリジナル
1990年7月27日 第37話 バック・トゥ・ザ・八宝斉 柳川茂 小島多美子 小林孝志 数井浩子
1990年8月3日 第38話 黒バラの小太刀!純愛一直線 中弘子 御茶屋さえ子 殿勝秀樹 井上容子
1990年8月10日 第39話 八宝斉 最期の日? 久島一仁 古橋一浩 中嶋敦子
1990年8月17日 第40話 暴れん坊娘リンリンランラン 菅良幸 杉島邦久 よしだのどか 杉山東夜美
1990年8月24日 第41話 乱馬を襲う恐怖のタタリ 柳川茂 小島多美子 遠藤徹哉 数井浩子
1990年8月31日 第42話 登場!ものまね格闘技 菅良幸 高木真司 遠藤麻未
1990年9月7日 第43話 良牙の体質改善セッケン! 古橋一浩 山口美浩 中嶋敦子 12巻7-11
1990年9月14日 第44話 格闘!障害物レース 中弘子
柳川茂
杉島邦久 よしだのどか 数井浩子 TVオリジナル
1990年9月21日 第45話 乱馬、ついに呪泉郷へ行く 柳川茂 小島多美子 浦田保則 遠藤麻未
1990年10月5日 第46話 帰ってきた変態校長 久島一仁 澤井幸次 殿勝秀樹 中嶋敦子 12巻1-6?
1990年10月12日 第47話 登場!史上最強の九能 菅良幸 高木真司 杉山東夜美 TVオリジナル
1990年10月19日 第48話 乱馬が弱くなっちゃった! 柳川茂 御茶屋さえ子 よしだのどか 遠藤麻未 13巻1-14巻1
1990年10月26日 第49話 完成!とんでもない必殺技 中弘子 小島多美子 浦田保則 中嶋敦子
1990年11月2日 第50話 決戦!乱馬復活なるか? 久島一仁 古橋一浩 殿勝秀樹 杉山東夜美
1990年11月9日 第51話 右京のスカート大作戦! 中弘子 杉島邦久 高木真司 遠藤麻未 TVオリジナル
1990年11月16日 第52話 乱馬のママがやってきた! 菅良幸 湊屋夢吉 よしだのどか 中嶋敦子
1990年11月23日 第53話 良牙、愛と苦悩を越えて 柳川茂 山本智史 浦田保則 響良い子
1990年11月30日 第54話 フィアンセは化け猫 中弘子 小島多美子 殿勝秀樹 磯野智 14巻2-3話
1990年12月7日 第55話 吹けよ風!青春は熱血だ 柳川茂 西村純二 西山明樹彦 遠藤麻未 TVオリジナル
1990年12月14日 第56話 恐るべき新弟子現わる 久島一仁 高木真司 中嶋敦子
1990年12月21日 第57話 おもてに出やがれ! 菅良幸 古橋一浩 磯野智 14巻6
1991年1月11日 第58話 良牙の天道道場居候日記 小島多美子 殿勝秀樹 遠藤麻未 TVオリジナル
1991年1月18日 第59話 八宝斉の恋! 中弘子 よしだのどか 白鳥あずさ
1991年1月25日 第60話 九能ボー然!恋の大予言 久島一仁 浦田保則 磯野智
1991年2月1日 第61話 強くなりすぎた良牙 中弘子 高木真司 遠藤麻未 14巻7-10
1991年2月8日 第62話 あやうし!Pちゃんの秘密 久島一仁 古橋一浩 中嶋敦子
1991年2月15日 第63話 たまごをつかむ男 木村直人 小島多美子 よしだのどか 磯野智 TVオリジナル
1991年2月22日 第64話 らんまと九能の初キッス?! 殿勝秀樹 遠藤麻未 15巻1-3
1991年3月1日 第65話 シャンプーの赤い糸 柳川茂 浦田保則 中嶋敦子 TVオリジナル
1991年3月8日 第66話 ムース故郷に帰る 菅良幸 高木真司 遠藤麻未
1991年3月15日 第67話 史上サイテーの賭け 中弘子 古橋一浩 磯野智 15巻4-7
1991年3月22日 第68話 マリアンヌになった九能 柳川茂 殿勝秀樹 中嶋敦子 TVオリジナル
1991年3月29日 第69話 乱馬なんか大キライ! 澤井幸次 澤井幸次 浦田保則 磯野智
1991年4月5日 第70話 そのおさげもらったぁ! 木村直人 西村純二 よしだのどか 遠藤麻未 15巻8-11
1991年4月12日 第71話 男の野望が尽きる時… 久島一仁 高木真司 中嶋敦子
1991年4月19日 第72話 リンリン・ランランの逆襲 菅良幸 浦田保則 はしもとかつみ TVオリジナル
1991年4月26日 第73話 良牙のプロポーズ 中弘子 古橋一浩 磯野智
1991年5月3日 第74話 玄馬、家出する 木村直人 鈴木行 白旗伸朗 遠藤麻未
1991年5月10日 第75話 これが格闘茶道でおます よしだのどか 中嶋敦子 6巻9-11?
1991年5月17日 第76話 道場破りは女の子? 菅良幸 高木真司 磯野智 TVオリジナル
1991年5月24日 第77話 絶叫!温泉バトル 中弘子 浦田保則 はしもとかつみ 16巻1-7話?
1991年5月31日 第78話 ミーが九能のダディです 久島一仁 白旗伸朗 遠藤麻未 TVオリジナル
1991年6月7日 第79話 格闘茶道・家元立つ! 木村直人 古橋一浩 中嶋敦子
1991年6月14日 第80話 レオタードは乙女の呪い 菅良幸 よしだのどか 磯野智
1991年6月21日 第81話 恐怖の混浴温泉 中弘子 高木真司 遠藤麻未
1991年6月28日 第82話 カエルのうらみはらします 柳川茂 鈴木行 よしだゆたか 中嶋敦子
1991年7月5日 第83話 逆襲!怒りのお好み焼き 菅良幸 浦田保則 磯野智
1991年7月12日 第84話 ナンパになった乱馬 横手美智子 古橋一浩 遠藤麻未
1991年7月19日 第85話 格闘将棋は命懸け 柳川茂 よしだのどか 中嶋敦子
1991年7月26日 第86話 佐助のスパイ大作戦 木村直人 白旗伸朗 工藤裕加
1991年8月2日 第87話 ボンジュールでございます 久島一仁 高木真司 磯野智 16巻8-17巻4
1991年8月9日 第88話 ディナーはリングの上で 横手美智子 合田浩章 遠藤麻未
1991年8月16日 第89話 あかね、涙の水泳大特訓 柳川茂 よしだのどか 中嶋敦子 14巻4-5話
1991年8月23日 第90話 良牙!夕日に向かって走れ 菅良幸 浦田保則 磯野智 TVオリジナル
1991年8月30日 第91話 夢の中へ 柳川茂 白旗伸朗 鰻原妙一郎
1991年9月6日 第92話 乱馬はなびきの許婚? 中弘子 古橋一浩 斉藤哲人 17巻5-10話
1991年9月13日 第93話 天道家消えたたこ焼きの謎 木村直人 よしだのどか 遠藤麻未 TVオリジナル
1991年9月20日 第94話 対決!乱馬VS影乱馬 久島一仁 高木真司 磯野智
1991年9月27日 第95話 小太刀のマイラブリーパパ 柳川茂 浦田保則 遠藤麻未
1991年10月4日 第96話 強敵?五寸釘くん登場 横手美智子 古橋一浩 磯野智
1991年10月11日 第97話 乱馬はヘタクソ?格闘書道 久島一仁 よしだのどか 工藤裕加
1991年10月18日 第98話 風林館高校、影のドン登場 菅良幸 白旗伸朗 遠藤麻未
1991年10月25日 第99話 悲願!普通の男に戻りたい 柳川茂 高木真司 白鳥あずさ
1991年11月1日 第100話 早乙女流の跡継ぎは良牙? 中弘子 西村純二 よしだのどか 遠藤麻未
1991年11月15日 第101話 天道家、遊園地へ行く 横手美智子 古橋一浩 磯野智
1991年11月29日 第102話 風林館高校・通り魔事件 木村直人 酒井法之 高木真司 工藤裕加
1991年12月6日 第103話 呪泉郷から来た悪魔 前編 菅良幸 白旗伸朗 遠藤麻未 18巻
1991年12月13日 第104話 呪泉郷から来た悪魔 後編 久島一仁 浦田保則 中嶋敦子
1991年12月20日 第105話 乱馬がいないXmas 柳川茂 西村純二 高木真司 TVオリジナル
1992年1月10日 第106話 雪ん子冬物語 木村直人 古橋一浩 遠藤麻未
1992年1月17日 第107話 らくがきパンダの呪い 中弘子 よしだのどか 磯野智 17巻11
1992年1月24日 第108話 スイカ島の交際鬼 柳川茂 西村純二 株本毅 工藤裕加 19巻1-3
1992年1月31日 第109話 幸せのパンダ伝説 菅良幸 白旗伸朗 磯野智 TVオリジナル
1992年2月7日 第110話 乱馬と右京がソース相愛? 柳川茂 西村純二 高木真司 遠藤麻未 19巻4-8 
1992年2月14日 第111話 偽り夫婦よ永遠に… 久島一仁 よしだのどか 磯野智
1992年2月21日 第112話 格闘茶道!さらわれた家元 鈴木行 高木真司 遠藤麻未 6巻9-11?
1992年2月28日 第113話 大変!あかねが入院した 古橋一浩 中嶋敦子 TVオリジナル
1992年3月6日 第114話 謎の暴れタコツボ現る?! 中弘子 殿勝秀樹 株本毅 磯野智 19巻9
1992年3月13日 第115話 五寸釘!あぁ恋の紙人形 木村直人 白旗伸朗 遠藤麻未 19巻10
1992年3月20日 第116話 あかねの心がわからない 横手美智子 西村純二 株本毅 工藤裕加 TVオリジナル
1992年3月27日 第117話 追跡!手まり唄の謎 菅良幸 よしだのどか 中嶋敦子
1992年4月3日 第118話 もうあなたから離れない 柳川茂 古橋一浩 山本裕介 磯野智 19巻11?
1992年4月10日 第119話 九能帯刀、代理校長を命ず 西村純二 高木真司 遠藤麻未 TVオリジナル
1992年4月17日 第120話 乱馬、月夜に吠える 木村直人 白旗伸朗 中嶋敦子
1992年4月24日 第121話 你好(ニーハオ)!呪泉郷のガイドさん 久島一仁 よしだのどか 工藤裕加
1992年5月1日 第122話 迷惑!六人の八宝斉 菅良幸 高木真司 磯野智
1992年5月8日 第123話 気分しだいの必殺技(前) 柳川茂 山本裕介 遠藤麻未 20巻1-6
1992年5月15日 第124話 気分しだいの必殺技(後) 中弘子 西村純二 株本毅 中嶋敦子
1992年5月22日 第125話 シャンプー囚われのキッス 木村直人 白旗伸朗 磯野智 20巻7-8
1992年5月29日 第126話 ボクと駆け落ちして下さい 柳川茂 高木真司 遠藤麻未 20巻9
1992年6月5日 第127話 キノコ寺へ行こう よしだのどか 工藤裕加 TVオリジナル
1992年6月12日 第128話 必殺!地獄のゆりかご 中弘子 山本裕介 磯野智 21巻1-3
1992年6月19日 第129話 青い恐怖にボンジュール 木村直人 株本毅 山根理宏 TVオリジナル
1992年6月26日 第130話 織姫は流れ星に乗って 久島一仁 白旗伸朗 遠藤麻未
1992年7月3日 第131話 一つ召しませ恋の桜餅 柳川茂 よしだのどか 磯野智 21巻4-6
1992年7月10日 第132話 できた!八宝大カビン 久島一仁 高木真司 工藤裕加 TVオリジナル
1992年7月17日 第133話 九能兄妹スキャンダルの嵐 横手美智子 西村純二 株本毅 遠藤麻未 20巻10-11
1992年7月24日 第134話 黄金の茶器、五重塔の決戦 久島一仁 山本裕介 山根理宏 TVオリジナル
1992年7月31日 第135話 五寸釘光、ひと夏の恋 菅良幸 白旗伸朗 磯野智
1992年8月7日 第136話 愛の格闘チアガール(前) 中弘子 よしだのどか 遠藤麻未 21巻7-22巻1
1992年8月14日 第137話 愛の格闘チアガール(後) 柳川茂 高木真司 工藤裕加
1992年8月21日 第138話 決定!ミス・ビーチサイド 中弘子 株本毅 磯野智 TVオリジナル
1992年8月28日 第139話 爆裂!ハイパーツヅミ 山口亮太 山本裕介 山根理宏
1992年9月4日 第140話 忍の犬は白と黒 木村直人 白旗伸朗 中嶋敦子
1992年9月11日 第141話 天道家・龍神伝説 久島一仁 よしだのどか 磯野智
1992年9月18日 第142話 乱馬、ミーツ・マザー 柳川茂 高木真司 工藤裕加 22巻2-6
1992年9月25日 第143話 いつの日か、きっと… 菅良幸 西村純二 株本毅 中嶋敦子

(※)本来は第1期の第14話-第16話として放送される予定だったが、「さらわれた」とのサブタイトルに関し、当時発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件に配慮して放送が延期され、熱闘編の第7話-第9話に移された。

DVD 編集

  • 本編のDVDは2001年1月17日〜2002年8月21日にかけて発売。全40巻。第1期と「熱闘編」の区別は特にない。

劇場版アニメ 編集

オリジナルビデオアニメ 編集

  1. らんま1/2 熱闘歌合戦 その1(1990年11月7日)
  2. らんま1/2 熱闘歌合戦 その2(1990年11月21日)
  3. らんま1/2 熱闘歌合戦 その1/その2(LD)(1990年12月21日)
  4. らんま1/2 天道家のおよびでない奴ら!(1992年8月30日)
  5. らんま1/2 TVタイトルズ(1993年4月21日)
  6. らんま1/2 とっておきトーク ベスト・オブ・メモリーズ(1993年5月1日)
  7. らんま1/2 シャンプー豹変! 反転宝珠の禍(1993年10月21日)(22巻7-10)
  8. らんま1/2 天道家 すくらんぶるクリスマス(1993年12月17日)
  9. らんま1/2 あかねVSらんま お母さんの味は私が守る!(1994年2月18日)(23巻7)
  10. らんま1/2 学園に吹く嵐! アダルトチェンジひな子先生(1994年4月21日)(25巻3-9)
  11. らんま1/2 道を継ぐ者(前編)(1994年6月17日)
  12. らんま1/2 道を継ぐ者(後編)(1994年8月19日)
  13. らんま1/2 天道家のおよびでない奴ら!(1994年8月20日)
  14. らんま1/2 SPECIAL よみがえる記憶(上巻)(1994年12月16日)(25巻10-26巻11)
  15. らんま1/2 SPECIAL よみがえる記憶(下巻)(1995年2月17日)(25巻10-26巻11)
  16. らんま1/2 スペシャルビデオ バトルがいっぱい29人の懲りないやつら(1995年3月3日)
  17. らんま1/2 DoCoミュージックビデオ(1995年8月19日)
  18. らんま1/2 SUPER ああ呪いの破恋洞! 我が愛は永遠に(1995年9月21日)(27巻9-10)
  19. らんま1/2 SUPER 邪悪の鬼(1995年11月17日)(29巻8)
  20. らんま1/2 SUPER 二人のあかね「乱馬、私を見て!」(1996年1月19日)(31巻9-10)
  21. らんま1/2 悪夢!春眠香(2010年1月29日)(34巻10)(高橋留美子展で2008年7月30日から上映)

映像ソフト化 編集

主題歌 編集

OVA版主題歌ではその大半を、らんまと天道3姉妹にシャンプーを加えた仮想ユニット「DoCo」が担当している。DoCoは企画音盤(CDの項を参照)で生まれたユニット設定であり、ユニット名はテレビ版主題歌を担当したCoCoをもじって付けられた。

OVA版オープニングテーマ
恋だ!パニック
作詞・作曲 - YAWMIN / 編曲 - 中村キタロウ / 歌 - YAWMIN
僕たちはこれから」(14)
作詞 - 和泉ゆかり / 作・編曲 - 川井憲次 / 歌 - DoCo
授業中の小学校」(15)
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作・編曲 - 安田毅 / 歌 - DoCo
かがやく空ときみの声」(18)
作詞・作曲 - YAWMIN / 編曲 - YO!キタロー / 歌 - DoCo
思い出がいっぱい」(19)
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 岩田雅之 / 編曲 - 川井憲次 / 歌 - DoCo
フクザツな両想い」(20)
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作・編曲 - 山本はるきち / 歌 - DoCo
1〜4、17はミュージックビデオ。
5、6、16は総集編。
OVA版エンディングテーマ
乱馬とあかねのバラード
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作曲 - 川井憲次 / 編曲 - 中村暢之 / 歌 - 乱馬&あかね
清く正しいクリスマス」(14)
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作・編曲 - 安田毅 / 歌 - DoCo
赤い靴のSunday」(15)
作詞 - 和泉ゆかり / 作・編曲 - 川井憲次 / 歌 - DoCo
少しだけ坂道」(18)
作詞 - 和泉ゆかり / 作・編曲 - 川井憲次 / 歌 - DoCo
恋がひとつ消えてしまったの」(19)
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作・編曲 - 山本はるきち / 歌 - DoCo
」(20)
作詞 - 乱馬的歌劇団文芸部 / 作・編曲 - 川井憲次 / 歌 - DoCo

テレビドラマ 編集

テンプレート:放送前の番組 テンプレート:ドラマ 2011年12月に日本テレビ系列の『金曜スーパープライム』枠で放送予定。

キャスト 編集

スタッフ 編集

  • 原作 - 高橋留美子(小学館・少年サンデーコミックス)
  • 脚本 - いずみ吉紘
  • 監督 - 西村了(日テレアックスオン
  • チーフプロデューサー - 森實陽三
  • プロデューサ - 高明希(日テレアックスオン)、遠藤正累
  • 制作プロダクション - 日テレアックスオン
  • 製作著作 - 日本テレビ

ゲーム作品 編集

ゲームボーイ <パズルゲーム> (1990年7月28日)
PCエンジン CD-ROM² <アクションゲーム> (1990年12月7日)
PC-9800シリーズ <アドベンチャーゲーム> (1991年12月20日) / MSXturboR (1992年6月12日)
PCエンジン CD-ROM² <アドベンチャーゲーム> (1991年12月6日)
スーパーファミコン <格闘ゲーム> (1992年3月27日)
登場キャラ:乱馬、らんま、玄馬(人間)、良牙、シャンプー、九能、小太刀、校長、八宝斎、コロン
ゲームボーイ <格闘ゲーム> (1992年7月17日)
PCエンジン CD-ROM²・SUPER CD-ROM²両対応 <格闘ゲーム> (1992年10月2日)
スーパーファミコン <格闘ゲーム> (1992年12月25日)
登場キャラ:乱馬、らんま、玄馬(パンダ)、良牙、あかね、シャンプー、ムース、右京、五寸釘、博打王KING、パンスト太郎(人間)、パンスト太郎(化物)、八宝斎
メガCD <アドベンチャーゲーム> (1993年4月23日)
ゲームボーイ <クイズ・ロールプレイングゲーム> (1993年8月6日)
スーパーファミコン <ロールプレイングゲーム> (1993年10月22日)
スーパーファミコン <格闘ゲーム> (1994年4月28日)
登場キャラ:乱馬、らんま、玄馬(パンダ)、良牙、あかね、シャンプー、ムース、ハーブ、右京、九能、小太刀、二ノ宮ひな子、今条マリ子
スーパーファミコンと PC-9801 <パズルゲーム> (1995年7月21日)
プレイステーション <格闘ゲーム> (1996年12月6日)
登場キャラ:乱馬、らんま、玄馬、良牙、あかね、シャンプー、八宝斎、九能、公紋竜、ルージュ、早雲、かすみ

パチンコ 編集

  • 『フィーバーらんま1/2』(SANKYO

カセットテープ 編集

  • 乱馬ダ☆RANMA (1990年4月21日)
  • 超無差別記者会見 (アニメディアの1994年9月号の応募者全員プレゼント)

CD 編集

  • らんま1/2 音楽道場 (1989年7月21日)
  • らんま1/2 熱闘音楽編「初版のみ「付録的音源」付」 (1990年1月21日)
  • 乱馬的企画音盤 らんま1/2 熱闘歌合戦 (1990年4月21日)
  • 乱馬的企画音盤II らんま1/2 歌暦(平成3年度版) (1990年11月21日)
  • この世でいちばん、お正月が好き (1991年1月21日)
  • バレンタインに黒バラを (1991年1月21日)
  • やさしい、いい娘に なれない (1991年1月21日)
  • 今夜はエイプリル・ フール (1991年1月21日)
  • 猫飯店メニュー・ソング (1991年1月21日)
  • おとうさん (1991年1月21日)
  • 想い出がいっぱい (1991年1月21日)
  • 魅惑のリンボーダンス (1991年1月21日)
  • 拝啓、あかねさん (1991年1月21日)
  • よーい、どん! (1991年1月21日)
  • November Rain (1991年1月21日)
  • キャラクターズ・クリスマス (1991年1月21日)
  • 乱馬的企画音盤III らんま1/2 DoCoファースト (1991年7月21日)
  • らんま1/2 中国寝崑崙大決戦!掟やぶりの激闘篇!!音楽編
  • 乱馬的企画音盤IV らんま1/2 格闘歌かるた (1991年12月21日)
  • らんま1/2 中国寝崑崙大決戦!掟やぶりの激闘篇!!ドラマ編
  • らんま1/2 最強音楽編 (1992年6月3日)
  • らんま1/2 決戦桃幻郷!花嫁を奪りもどせ!!音楽編
  • らんま1/2 開幕的主題歌集 (1992年10月21日)
  • らんま1/2 閉幕的主題歌集 (1992年10月21日)
  • 乱馬とあかねのバラード (1993年10月5日)
  • らんま1/2 電子遊戯音楽集
  • らんま1/2 超無差別決戦!電影対影像音楽編
  • 乱馬的企画音盤V らんま1/2 DoCo Second (1994年12月16日)
  • らんま1/2 DoCo オリジナルカラオケ (1995年1月20日)
  • らんま1/2 音楽の鉄人編
  • らんま1/2 TVテーマソングス コンプリート

アレンジ・カバー曲 編集

テレビアニメ主題歌 編集

  • 【や】じゃじゃ馬にさせないで (シャンプー。格闘歌かるた内)
  • 【く】プラトニックつらぬいて (小太刀。格闘歌かるた内)
  • 【て】EQUALロマンス (DoCo。格闘歌かるた内)
  • リトル★デイト(TV Service Version) (らんま、あかね、シャンプー。熱闘歌合戦内)
  • 【な】リトル★デイト (コロン、格闘茶道家元。格闘歌かるた内)
  • 【ゆ】ド・ン・マ・イ来々少年 〜Don't mind lay-lay Boy〜 (あかね。格闘歌かるた内)
  • 乱馬ダ☆RANMA(Curtain call Version) (熱闘歌合戦内)
  • 【ん】乱馬ダ☆RANMA'92 (格闘歌かるた内)
  • 乱馬ダ☆RANMA (OVA版熱闘歌合戦内)
  • 【う】プレゼント (良牙。格闘歌かるた内)
  • 思い出がいっぱい DoCo版 (OVAオープニングなど)
  • 【さ】思い出がいっぱい (DoCo(らんま除く)、乱馬。途中から。格闘歌かるた内)
  • 【せ】絶対!パート2 (かすみ。格闘歌かるた内)
  • 【み】地球オーケストラ (乱馬。格闘歌かるた内)
  • 【た】フレンズ (なびき。格闘歌かるた内)
  • 【き】ひなげし (紅つばさ。出だしのみ。格闘歌かるた内)
  • 【ま】もう泣かないで (らんま。格闘歌かるた内)

その他 編集

  • チャイナからの手紙 (乱馬、らんま。熱闘歌合戦内)
  • 【ち】チャイナからの手紙 (良牙、呪泉郷ガイド。格闘歌かるた内)
  • 【わ】乱馬とあかねのバラード (格闘歌かるた内)
  • 乱馬とあかねのバラード オーケストラ版 (OVAのED)
  • ハート ないしょ/2 (音楽道場内)
  • ハート ないしょ/2 (Live Version)熱闘歌合戦内)
  • ハート ないしょ/2 (OVA版熱闘歌合戦内)
  • 【る】√よいしょ/2 (格闘歌かるた内)

『おぼっちゃまくん』との関連 編集

小林よしのり作の『おぼっちゃまくん』の主人公、御坊茶魔と少年サンデー誌上でコラボレーションも果たしている。この号の表紙は、らんま(女)が茶魔を抱っこしているという図柄であった。そして『おぼっちゃまくん』の特別読みきりが掲載された。なお、一時アニメ版『おぼっちゃまくん(テレビ朝日系)』と『らんま1/2(フジテレビ系)』は裏番組同士でもあった(詳細はテレビアニメの節で記述)。

脚注 編集

  1. ただし、初期の頃は落ち着いた感じの恋愛劇であった。
  2. 『KINO Vol.1』より。
  3. この時間帯では裏番組の『おぼっちゃまくん』(テレビ朝日系。但し、近畿広域圏ABCテレビのみ同時間帯に『部長刑事』を放送していたため、裏番組とはならなかった)が力を付けており、高視聴率を誇っていた同じく裏番組の『クイズダービー』(TBS系)の視聴率を下げるほどであった。
  4. 例えば、『熱闘編』第29話(原作では年末年始のエピソードだった話をアニメでは初夏のエピソードに変更)『熱闘編』第57話・108話(原作で夏のエピソードだった話をアニメでは冬のエピソードに変更)など。
  5. 主な例は、格闘ディナーの回でピコレットとの最終対決の場所が、原作は学校の体育館で生徒達を観客にして行われたのが、アニメではシャルダン家の晩餐会場で貴族達を見物人にして行われた物に変更されたことなど。

外部リンク 編集

テンプレート:前後番組

ar:رانما ½da:Ranma ½eo:Ranma 1/2fa:رانما ۱/۲

fi:Ranma ½ fr:Ranma ½ he:ראנמה חצי hr:Ranma 1/2 hu:Ranma ½ id:Ranma 1/2 it:Ranma ½ ko:란마 ½ ms:Ranma ½ nl:Ranma ½ no:Ranma ½ pl:Ranma ½ pt:Ranma ½ ru:Ранма ½ simple:Ranma ½ sq:Ranma ½ sv:Ranma ½ th:รันม่า ½ tl:Ranma ½ vi:Một nửa Ranma zh:亂馬½

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki